ニコレットは個人輸入に切り替えるともう薬局では買えません

ニコレットの個人輸入は通販と変わらず簡単です

 

元号も令和に変わって消費税も10パーセントになりました。
たばこは軽減税率の対象ではないので、ささやかな抵抗で増税直前に少しだけ買いだめした人も多いかと思います。

 

禁煙包囲網は確実に広がっており、今まで憩いの場だった個人経営の喫茶店でさえ吸えなくなってきています。

 

少し前にマクドナルドが全店で禁煙になったのも衝撃的でしたが、今では店内で着席して吸える場所はほとんどありません。

 

服ににおいが付くし、壁紙がヤニで汚れるので、家の中でも当然吸えません。

 

ニコレットは個人輸入に切り替えるともう薬局では買えません

 

駅前の喫煙コーナーで、前を歩く人の冷たい視線を受けながらたばこを吸うしかないのは本当に悲しいです。

 

消費税の増税分は仕方ないにしてもここ数年でたばこの値段は何度も上がっています。前は冗談だろと思いましたが、このままでは本当にたばこ1箱が1000円になる日が来そうです。

 

たばこを吸える場所がほとんどなくなってきたので、逆にいうとこれは千載一遇の禁煙のチャンスにもなります。今まで禁煙に何度も失敗してきた人も今の時代の嫌煙の環境なら念願の禁煙が達成できるかもしれません。

 

禁煙にもいろんな方法がありますが、ニコレットなどの禁煙ガムを使って徐々にニコチン依存を減らしていくのが失敗も少ない方法です。

 

たばこに特殊なフィルターを付ける方法もありますが、これだとフィルターを交換したりするのが面倒くさくなって結局やめてしまうことがありますし、パイポをつけてたばこを吸うのは見た目もスマートではありません。

 

その点、ニコレットなら副流煙の心配もありませんし、ニコチンだけしか摂取しないので、体の負担も少なくてすみます。

 

ニコレットは薬局やドラッグストアで簡単に入手できるので切らす心配はないのですが、医薬品だけあって値段はかなり高額です。一度に数千円が飛んでいくので財布にかなりのダメージです。お小遣いも減らされている中でこの出費は痛いです。ニコレットの代金がネックでたばこがやめられないという悲しい状況になってしまいます。

 

CMでよく見かけるので、ニコレットは日本の禁煙ガムだと思っている人も多いと思いますが、実はニコレットはもともとはファイザー社の製品です。

 

当然ながらニコレットには海外版があります。
海外版のニコレットは105粒入りと日本のものと少し量が違いますが、ニコチンの量や味の種類は変わりないので、スムーズに切り替えることができます。

 

しかもこの海外版は日本の1/2から1/3の価格です。
こちらのサイトなら簡単に個人輸入で取り寄せることが可能です。

 

 

 

 

 

個人輸入というと、ちょっと危ないイメージがしますが、こちらの代行サイトを使用すれば、アマゾンで買い物をする感覚で利用できます。特に何か特別な書類が必要というわけでもありません。

 

今見ているスマホからすぐに注文可能です。
一ヶ月に6箱まで購入できます。

 

輸入なので海外から商品が届くのですが、早ければ1週間かからずに手元に届きます。

 

海外から送られてくるにもかかわらず全国送料無料です。
ヤマト運輸から届くことが多いです。
ニコレットとは記載されないので、何を買ったか他の人に知られる心配もありません。

 

最近では加熱式のたばこを持っている人もちらほら見かけますが、喫煙の環境が今以上に改善する可能性はほぼゼロです。

 

元号も変わって新しい時代になり、今まで達成できなかった禁煙をやってみようと考えている人にとっては非常にいいタイミングです。